★今までの事★



 幼い頃から、視野の下の部分が、欠けていたので物によくぶつかったり、蹴飛ばしたりで、足は絶えず、青アザだらけ。今も変わりません。
 
 30歳過ぎた頃から、人にもぶつかるようになり、当然ながら 車の運転にも自信が無くなり、それまでのように車であっちこっち走り回ることが、怖くなってきました。コンタクトレンズを装着した状態では、本や新聞等が読めなくなりました。
   
 当初、老眼?とも思いましたが、その時、初めて眼科医の診察を受けました。
いろいろな検査をして 網膜に異常がある と、診断されました。その時は、具体的な病名は、聞いていなかったように記憶してます。
  
 40歳前になり、すごく見えづらくくなり 改めて眼科医の診察を受け、網膜色素変性症と診断されました。
 当然ながら その時は、この病気に関して、全く知識が無く、いろいろ調べていく過程で、恐怖 不安 そして絶望感に襲われていきました。将来的に嫁ハンと娘に負担が、かかっていくので、正直 離婚も考えました。
  
 会社では、一生懸命 明るく振舞い、家に帰ると迫り来る不安に体の震えが止まらない時もありました。
  
 今では、この病気と向き合い 今 何が出来るのか これから 何をすればいいのか を考えて 前へ前へ 歩いています。家族に支えられ、仲間に支えられ、生まれてきた事に感謝し、回りのみんなに感謝して、今を楽しんでいます。



トップページ   僕の症状   自己紹介




ムーやんドットコム製作委員会 since june 2007 by mu-yan.com